スイス旅行記




 

こんにちはゆにです!もう12月ですがどうお過ごしでしょうか

 

https://www.instagram.com/p/BbHCG4ilxNh/

 

 

さて、スイスに2泊3日で行ってきたのでいつも通り旅行記を書きます!上海の高校に行ってたときの同級生くんがスイスに留学中なので、案内してもらおう!と企み飛びました。

 

 

ガトウィック空港からチューリッヒ空港にー!時差で夜の7時着でした。その友達はチューリッヒから1時間程のザンクト・ガレンという所に住んているのですが、19時以降なら電車が無料のチケットを持っているらしく、空港まで迎えに来てくれました!ありがとう〜〜

 

その友達が私が来る3日間は全部予定あけとく!!と言ってくれたのでホテルもザンクト・ガレンのを取っていました。

 

なので合流してすぐにチューリッヒ空港から電車でザンクト・ガレンに移動!めちゃめちゃ本数多いし静かに動くし時間通りに来るしイギリスの電車との違いを見せつけられました。なんていうか、全体的に機械化が進みまくってた

 

なんだかんだ2年ぶりだったので思い出話してたらあっという間にザンクトガレンに到着しました!ザンクトガレン駅目の前のホテルだったのでチェックインを済まし、荷物を一旦置きました。このホテルがまあまあ良かったです


f:id:i_29_m:20171205161823j:image
f:id:i_29_m:20171205161232j:image

そしてもう暗くなってたのですが、割と暖かかったのでお散歩しました!ザンクトガレン、本当に小さな街だったのですが山が近いので空気が住んでいてとても素敵だった…。あと建物がすごくモダン。写真あまり撮れてないのですがこんな感じ…!
f:id:i_29_m:20171205160822j:image

そして私が夜ご飯を食べてなかったのですがもう結構遅かったので軽めに済ませようということでそのへんのマクドナルドに行きました。

 

「スイス死ぬほど物価高いから」と事前に言われていたのですが、へ〜そうなんだ位にしか思ってなくて1フランがいくらか調べてなかったのですが、日本円で約120円らしいです。

 

「マックですら高いから」と言われて、ミニッツメイドS+ツイスター?+ポテトSのセットを頼んだら、12フラン(≒1440円)で、

 

えええええ(笑)(笑)(笑)って笑ってしまいました。マックで1440円て!一人分の値段じゃない!しかもSセットで!

 

 

と、一周回って感動してました。でもスイスは税金高いので有名ですもんね。しょうがないですね。

 

 

そして1日目はおしまい!

2日目の朝にまたホテルまで来てくれて、午前中は明るい時間のザンクトガレンを改めてか案内してもらいました。

 

しかし寒い!!

ゆにが来る日はかなり暖かいけど、朝夜は冷えるから暖かい格好してきて!と言われて、ちょっと暖かめのコートかごりごりのダウンかで迷って結局コートにしたのですが絶対ダウンにするべきでした。ヒートテックも着てたのに死んだ。

 

その寒さに屈せず沢山歩きました。最初に連れて行ってもらったのはザンクトガレンにある世界遺産ザンクトガレン修道院


f:id:i_29_m:20171205161451j:image

ここがもうすごかった!このブログで紹介した通り、ヨーロッパに来てから結構な数の教会に行った(と思ってる)のですが、その中で1番なんじゃないかなって思うほどの美しさでした…何もかも細かくて繊細さがすごかった。

f:id:i_29_m:20171205161400j:image
f:id:i_29_m:20171205161742j:image

ちょうどこの日の夜にコンサートがここであってその練習をしていました。Instagramにその動画あげてるので見てみてください。修道院の綺麗さと歌声が相まって本当に神聖な空気感がありました。

世界遺産 ザンクト・ガレン修道院です是非音声ONで見てね

 

 

そして小さいロープウェー?みたいなのに乗って小さな丘の上からザンクトガレン全体を見渡しました。天気が悪かったのがちょっと残念;;でも綺麗でした。「ジブリみたーい!絵本みたーい!」とずっとはしゃいでいましたが友達は「寒い」しか言ってなかった。ごめんありがとう。

 
f:id:i_29_m:20171205161927j:image

 

そしてロープウェーでも下れたのですが折角なので下りは階段で降りて、また修道院あたりまで戻ってきました。ザンクトガレンは小さな町なのでだいたい全部徒歩で回れそうな感じがしました。寒くなければ。

 

 

寒すぎる!!ということでいったんバスに乗ってその友達の家に戻ることにしました。バスなのですが、ウィーンの時同様、一応切符はあるけど改札に通さないシステムでした。ドイツでもそうらしい。ドイツ語圏あるあるなのかな…?どうやって電車とかバス運営してるの…?一応買ったけど

 

 

そしてあったかい部屋で友達におひるごはんを作ってもらいました~!この3日間マジでずっとこの友達にご飯作ってもらいすぎて本当にありがたすぎた…
f:id:i_29_m:20171205162020j:image

 

 

料理作ってもらってる間にその友達の日本人の友達も遊びに来て三人でご飯食べました。というか友達、寮ではなくシェアハウス?に住んでいたのですが本当に家が可愛すぎてうらやましかった…。絵にかいたようなヨーロッパの家!というよりはモダンな感じ。IKEAの部屋みたいな(誉めてる)!

 

 

なんだろう。なんとなく、ストックホルムで感じたモダンさと似ていました!

 

 

 

そしてごはん食べたあとはザンクトガレンから電車で1時間くらいのアプンツェルというところに連れて行ってもらいました!窓から見える景色が綺麗すぎて全然飽きませんでした。だんだん田舎になるにつれて、もうザ・スイスみたいな感じになってきて、「これはハイジいるわ!!!!」ってずっと連呼してました

 

 

そしてアプンツェル到着~~!

レトロなんだけど超カラフルで可愛い街。これこそ絵本に出てくるみたいな街!

 
f:id:i_29_m:20171205162357j:image
f:id:i_29_m:20171205162501j:image
f:id:i_29_m:20171205162600j:image

寒かったのでちょこちょこ雑貨屋とかに入りながら町を散策。

チーズのお店があったのでチーズを買いました!スイスと言えばチーズ!!

お店のチーズ専門店感超伝えたいのに写真撮り忘れた痛恨のミス・・・

ガラスのウィンドウ?の中にいろーーーんなチーズがあって、グラム数を伝えるとそれだけ切って量り売りしてくれるシステムでした!

 

種類があまりにも多くてわからなかったので「1番クラシックなのをおくれ」と伝えてアプンツェルクラシック?みたいな種類のチーズを買いました。

https://www.instagram.com/p/BcK3fdtFmhb/

お店のロゴが可愛い。上はスーパーでお土産に買ったリンツのチョコレートです。缶が可愛くて買いました。

 

 

面白かったのが、「200gください」と伝えたのですが、何も道具を使わずお店の人がザクッとチーズを切ったので、「すごい!目分量で200gわかるんだ!」と感動していたのですが全然175gでした。もはや誤差ではない。しかも「ちょっと少ないけどいい?」と聞かれました。いいけど。いいけどね

 

 

結構値段するのかな?と思っていたのですが400円くらいで買えたのでよかったです~~。

 

 

そしてうろうろして、最後におすすめのホットチョコレートがおいしいカフェに連れて行ってもらいました。ホットチョコレートだけで20種類くらい種類がありました!さすがスイス!一番無難なホットチョコレートにしたのですが、ほんっっとうに美味しかった!です!濃厚なんだけど甘すぎなくて、シナモンの香りがとてもよかったです。

 
f:id:i_29_m:20171205162704j:image

 

「スイスチョコとチーズ以外なんにもないからね~」と2人はディスってたのですが、とても美味しかったので十分だと思いました。チーズ、友達とわけて食べたけどとっても美味しかった~!

 

 

 

そして夜もハヤシライス作ってもらいました。完全に養われている。

 

 

そこにもう一人友達が増えて、4人になったので折角だし遊びに行くかー!となって、人生初・カジノに行ってきました~~~!

 

そう、ヨーロッパではカジノ合法だし18歳から入れるのでクリアですオホホ

賭け事嫌いだけど経験として行ってみたいと思ってたのでよかったです。しかもスイスのフランっていう普段使わない貨幣だったので金銭感覚があまりないので割と大胆に遊びました。まあ掛け金2000円で始めたんですけど

 

勝ったり負けたりを繰り返して結局±0くらいで終わりました。普通に楽しかったです!一生行かねえけど!隣のおじいちゃんがすごい勢いでお金を機械に入れていくのを見て全うに生きようと思いました。

 

 

そしてまだそんなに遅くなかったのでビリヤードをしました。私日本ではビリヤードやったことなかったんですけどヨーロッパではかなりメジャーなのでイギリスではなんか暇になったらTable tennisかPoolしよ~~ってなりますね。そう、ビリヤードのことPoolって呼びます。これイギリス英語なのかなあ…。厳密にいうとbilliardsとpoolは違うらしいのですが私からしたら同じに見えます。日本のはbilliardsの方なのかな?

 

 

めちゃめちゃうまいわけではないですが女子にしてはそこそこ上手だと自負してるので日本に帰ったら一緒にビリヤードしてくれるお友達募集中です~~~ビリヤードが上手な女性ってめちゃくちゃかっこよくないですか

 

そんな感じでその日は終了!ひたすらお友達たちにお世話になった1日でした。

 

 

最終日はチューリッヒに!

朝カーテン開けたら雪どっさり積もってました!あげ!

https://www.instagram.com/p/BcDg01KheMn/

Instagram

空港がチューリッヒだったのでチューリッヒの中央駅のコインロッカーに荷物を預けました。ロンドンにもコインロッカーあるのかなあ…。すごく便利でした。

 

着いたのがお昼だったのでおひるごはんを食べました。スイスの伝統料理食べたい!と言ったら連れて行ってくれたお店。スイス料理というかドイツ料理のお店かな?名前忘れちゃったけど、すごく老舗らしく地元の人ばっかりですごく良かった~

わからなすぎたのでお勧めを聞いたらシュニッツェルという豚肉を揚げたものは嫌いな人いない!と言われたのでそれを頼んだら来たのがこちら。

 
f:id:i_29_m:20171205162750j:image

 

フィッシュアンドチップスかな?と、とても既視感のある料理が来たのですが味は勿論全然違いました。美味しかったです!豚カツに似てるっちゃ似てるけど豚カツよりも全然脂っこくなくて食べやすかったです

 

ちなみに私はフィッシュアンドチップスあまり好きじゃないです。なんでだろう。最近魚が苦手なんです

 

 

そしてチューリッヒの街をうろうろ!チューリッヒ本当に綺麗なところでした…

https://www.instagram.com/p/Bb_J6-ElJQG/

Instagram

 
f:id:i_29_m:20171205162834j:image

何よりも建物が本当に可愛い。でもやっぱりストックホルムに似てるよね?ここも魔女宅に出てきそう~。

 

 

私が美術館好きということを知っててくれてて、チューリッヒ美術館にも連れて行ってくれました。ここ、本当に建物の作りがかっこよくていちいち感動してました。建物自体はそんなに大きくないんだけど空間の使い方が意味わかんないくらい複雑でめちゃめちゃ迷いました。

https://www.instagram.com/p/Bb-Mcq_lRDf/

Instagram

 

わたしの好きな現代美術もありました。私はすごいはしゃいでいたのですが、友達は「わかんね~~~~」と言っていました。ごめん。なかなか現代美術好きな人に出会えない。確かに不気味っちゃ不気味だもんね…その不気味さが好きなのですが…

 
f:id:i_29_m:20171205162953j:image

でもゴッホの作品、ピカソの作品もあってそこはさすがに二人ともテンションあがりました!中世の作品も近代の作品もどっちもある美術館って珍しいですよね。

https://www.instagram.com/p/BcDgsfvhlAX/

Instagram

https://www.instagram.com/p/Bb_J2lllvSF/

Instagram


f:id:i_29_m:20171205163142j:image
f:id:i_29_m:20171205163221j:image

https://www.instagram.com/p/Bb_JtFblbXE/

Instagram

 

この細い人間たち、見たことある人も多いんではないでしょうか アルベルト・ジャコメッティの作品です

 

 

 

これ、見たことあるけどなんだっけ!?と二人で考えた作品です。わかる人教えてください。なんかのブランドのロゴだっけ…?絶対見たことある…!

 
f:id:i_29_m:20171205163338j:image

 

 

そして美術館を後にし、スタバで休憩しました。ラテが900円もしてゲラゲラ笑っていました。

私が「自分用に良いチョコを買いたい!!」と言ったので歩いてたらあるでしょ、という考えで歩いてたら本当にチョコレートの専門店を見つけました。

 
f:id:i_29_m:20171205163444j:image

 teuscherというお店です!

超可愛いいい

 

折角なので、たくさん種類があるチョコレートから自分で4粒くらい選ぼうと思って店員さんに指さしでこれくださいあれくださいと言ってたらコミュニケーションがうまくとれず(ごめんなさい)、途中で店員さんに「日本人?日本人の従業員いるから呼んでくる」と言われて、出てきてくれたアイコさん。

 

 

この人が本当に面白くて(笑)、

日曜日に日本人なんて珍し~~!!カップル?違う?今からカップルになるの?」と大阪人ばりのマシンガントークでした。わからなかったのでオススメのチョコを聞いたら、「まあまあ何粒か味見していきなよ~!!」と一つ2フランくらいするチョコをポイポイくれました(笑)いいの?(笑)

 

見た目でこれ美味しそう!と言ったら「それ不味いよ!」って教えてくれたり本当に強い方でした。結局4粒くらい味見させてくれてしかもおまけでキャラメルもいれてくれて、ほんとはキャッシュでしか払えないのに「しょうがないな~~~~」ってカードで払わせてくれたり最高でした(笑)

 

 

調べたらスイス以外にもチェーン展開してるお店だったので地元の人が愛する!!って感じのお店ではないのですが、アイコさんに会いにいくのもありだと思います。絶対サービスしてくれるので(笑)

 

 

そしてその後は暗くなってきたのでクリスマスマーケットに!さすが首都、めちゃめちゃ大規模でした!すっごく綺麗だったー!友達の一眼カメラでとったやつなので尚更!(ありがとう)

 
f:id:i_29_m:20171205163547j:image
f:id:i_29_m:20171205163605j:image
f:id:i_29_m:20171205163721j:image


2人ともあんまりお腹すいてなかったのでドーナツしか買わなかったのですが、雰囲気が100点満点で満足しました!

 

そして最後にはライトアップされたチューリッヒの街並みを見ました。

 
f:id:i_29_m:20171205163811j:image

 

超綺麗

 

 

そしてスイス旅終了!完全に友達にまかせっきりだったのですが完璧なナビで超楽しめました…。一人だったら絶対行ってないザンクトガレンもアプンツェルも行けて最高でした!多分読んでないと思うけどありがとう!ひとり旅もいいけど現地に慣れてる人といくともっとディープなところまで楽しめますね。

 

今度その友達がロンドンに来るので今度はわたしが頑張る番です にやり

 

 

イギリス留学も残り丁度2か月となりました。まだまだ突っ走るぞ~~!!

 

 

Twitter @uni_onlu

Instagram @u.ni.29

 

ここ最近のこといろいろ

 

おひさしぶりですゆにです。1か月以上更新が空いてしまいました~

https://www.instagram.com/p/BbhLXeplPlY/

 

というのも、この1か月、特に変わったことがないというか、なんていうかっていう感じだったのです。でもこの前上海にいた時のブログを読んでいたら、そんななんでもない日常のことをちゃんとひとつの記事として書いていて、しかも我ながら結構面白い(ごめんなさい)ので…高校生のわたしすごいなあとか思いながら、もっと日常にクローズしたブログ書きたいなあ!と思いました。

 

でも上海には2年半くらい住んでたのでね…。1年間だと難しいかなと思ったり。

 

変わったことがなかったと書きましたが、この間2泊3日でManchesterに国内旅行に行ってきました!SNSで仲良くさせてもらっているえれんさんがマンチェスター大学に留学しているので、スペインのアリカンテに留学中のるなちゃんと会いに行ってきました。

国内旅行ではあるんですが、北(Manchester)と南(Southampton)なので飛行機です。でもSouthampton Airportからだったから楽だった~1時間くらいで着きました!

 

1日目と3日目はManchesterで、2日目は近くの都市Liverpoolに連れて行ってもらいました!

 

マンチェスターの写真たち
f:id:i_29_m:20171123022624j:image

めちゃくちゃ美味しかったフォー

 
f:id:i_29_m:20171123022713j:image

今年初のクリスマスマーケット!

 

リバプールの写真たち

 
f:id:i_29_m:20171123022808j:image

Liverpool Cathedral

 
f:id:i_29_m:20171123022840j:image

University of Liverpool

 
f:id:i_29_m:20171123023014j:image

Liverpool Station

 
f:id:i_29_m:20171123023147j:image

Wavertree botanic gardens

 

濃い3日間でした。るなちゃんとは初対面だったのですがそうは思えないくらいたっぷりお話できて楽しかったね!るなちゃんのコミュ力に助けられました。えれんさんはやはり俺らの師匠。色々調べてくださってありがとうございました!一生付いて行きます。

お二人ともありがとうございました!えれんさんとるなちゃんのSNSも貼っておきます~~

 

えれんさん

Twitter @__miss_e

Instagram @ellenilly

 

るなちゃん

Twitter @lunappiii

Instagram @lunassiii

 

 

 さてさて学業面はというと、まあ淡々と学校の授業をこなしていたという感じです。Reading Weekという、Humanity各授業のエッセイを書くための1週間が11月の始めの週にあって、そこはちょっとしんどかったですね。

合計4つのエッセイを書きました。前回のブログで書いた通り、私は留学生が対象の授業とそんなの関係ねえな授業をとっているのですが、後者の方がまあしんどいしんどい!

 

それを考慮して早めに始めるべきだったんですけどね…。わたし自分の興味のあることを先にやってしまう癖というかそういう性格なので、もう提出期限10分前とかに完成して、大した見直しもせずに出してしまいました…。評価怖いヨー

 

特にEthnomusicologyは授業内容も難しいしディスカッションもあるしで「ひえ~~」という感じだったんですが、一人イギリス人のお友達ができました!

お友達といっても、2人で遊びに行けるような仲では全然ないのですが。連絡先を交換して毎回となり空いてるの見つけたら座ってくれる感じ。嬉しい!

 

というのもこの前、各グループ指定されたビデオを見てそれを分析するというグループワークがあったんですが、グループのうちの2人が授業で最低4回は発言するようなアクティブ2TOPが座席の関係で集まってしまい、 完全にその2人の単独作業。ビデオが見れるPCも1つしかないのにその二人で独占してて、他の4人はぽかーん状態。残り4人のうち二人はポーランド人の仲良し2人で、そこはもうあきらめてポーランド語で楽しくおしゃべりしてるしで、取り残されたわたしとイギリス人の子。

 

「私たちなにすればいいんだろうね」

「ね。ただ座ってるだけだね」

「発表はあの2人がやってくれるんだよね?」

「そうじゃないと。私何も言えないよ」

「ビデオすら見れてないもんね」

「ところで私サラ。名前は?」

 

 

という感じで(笑)、お友達ができました。こういう残された2人が謎の結束感生まれるの、どこの国でも共通ですね。嫌いじゃないです。

 

 

ちなみに、名前を聞く前に会話が弾み、あ、ちなみに私の名前は、とか言う場合、「I am ○○(名前), by the way.」って最後にバイザウェイを付けるのをよく聞きます。これさらりと言えたらネイティブっぽいですね。

 

あとの授業はまあ、簡単な訳ではないけど特別難しい感じでもないかな。

 

話は変わり、もう街はクリスマスムードです!どこに行ってもクリスマスのデコレーションがされています。私の住むSouthamptonにもクリスマスマーケットが出ています。

 
f:id:i_29_m:20171123022003j:image
f:id:i_29_m:20171123022048j:image

 

綺麗!

私が今まで住んできたのが大阪東京上海だったりするので、サウサンプトンは田舎だと思い込んでいましたが、暮らしてみると案外そんなことはないということに気付きました。実際、よくいろんな人に「サウサンプトンはどう?」と聞かれるので、「のどかで小さな町で、勉強にはすごくいい街だと思う」「遊びに関しては?」「う~ん(笑)」みたいなテンプレの会話が私の中であるのですが(笑)、

 

「え、サウサンプトンはすごく大きい街よ!私にとっては!」という人にも結構出会います。日本のどこから来たの?と聞かれ、東京(実際住んだのは大阪と半々なのですが東京の方が盛り上がるのでだいたい東京って言ってる)と返すと「だからサウサンプトンすら田舎に感じるのよ~~」とか言われたりします。うん。確かにな。

 

サウサンプトンの良いお店とかスポットも今は沢山知れたので、近いうちにサウサンプトン紹介!!みたいな記事書こうかな、と思います。需要はないと思いますが私が後で読み返して懐かしむ為に。

 

話は戻してクリスマス。みなさんは予定決まりましたか!私は彼氏なんぞいないのでどう寂しくないように過ごすか一生懸命考えております。(哀)(死)

友達によると、ヨーロッパはどこでもクリスマス当日は家族で過ごすので閑散としているみたいです。なのでその閑散としていてお店も開いてない時に旅行行くのもあれなので、クリスマス前にさっとどこかに行ってもいいかなと思っています。スコットランドか3回目のフランスか超迷っています~~;;バーミンガムもロンドンの次に大きなクリスマスマーケットがあるそうでそれも魅力的…選べない…

 

ちなみにNew Year Eveはロンドンで過ごします!カウントダウンと花火のチケットはもう取りました~~。知り合い曰くここ4,5年ずっと雨らしいので心配。あとビッグベン工事中なのでそれも心配。

 

他の国に留学している子の半数以上は年内に本帰国なんですね。日本で過ごすお正月いいいな~~とか思いつつも、ヨーロッパでお正月を過ごせるのなんて滅多にないので楽しもうと思います卍

 

 

そんなこと言っても私も本帰国まであと2か月ちょっとです。早い。早すぎる。英語はまだやっぱり「あれ、私結構喋れるじゃん」と思うこともあれば「こんなことすら言えないの?病む」と思うこともありますが、「こんなこと」の基準があがってきていることは確かだと思って毎日ポジティブに生きています。

 

もしイギリスで買ってきてほしいものがあったら教えてください。大きいものでなければ受け付けます。Twitterの相互フォロワーさん限定で!

 

https://www.instagram.com/p/BZ3uoUYlryQ/

 

とても話変わるしとても私事なのですが、実はイギリスに来てピークの時で6kg増えました。そこから緩くではありますがダイエットして5kg落としました。えらい。目標は帰国までにあと3kg落とすことです。

 

元々太っていたわけではないし、帰国前の体重でも見た目的には痩せてる分類に入るとは思うのですが、美味しいもの沢山の日本で我慢したくない!というのと、久しぶりに合う人たちに綺麗になった姿を見せたいという一心でなんだかんだ3ヶ月弱くらいダイエットを続けています。

 

イギリスはサウサンプトンでも私が知ってるだけで徒歩圏内に4つジムがあるくらいジムがお手軽に利用できます。もちろんお金はかかりますが、日本よりもかなりリーズナブルな年会費だと思います。私は景色が変わらないまま歩き続けたり走り続けたりするのが苦手なのでたまにしか利用してないんですけど。えへへ

その分、朝早く起きれた日は学校まで徒歩で行ってみたり、ソサエティに行ったり部屋で筋トレしてみたり、頑張って運動量を増やしています。

 

勿論ダイエットにはある程度の食事制限も必要なので行っているのですが、知識がないと栄養不足になると思っていろいろ調べて最近食事制限も始めたのですが、始めた途端止まっていた体重がするすると落ち始めたので楽しくなって最近ずっと低糖質のメニューを考えています。マイブームはダイエッターのインスタグラムの食事を眺めることです

 

「イギリスの食生活って実際どうなの?」とよく聞かれるし、イギリス留学を控えている方はすごく気になるポイントだと思うので、イギリスの食や健康思考についても私なりにまとめて記事にしますね!

 

色んなこと書きすぎて本当にまとまりがないんですが、このへんで終わりたいと思います。明後日から友達が留学しているスイスに遊びに行くので、次の記事はそのことになるかな!と思います。ヨーロッパ内でのフットワークは軽めです。

 

みなさん体調にはお気をつけて!では~~~

 

 

 

ゆに

Twitter @uni_onlu

Instagram @u.ni.29

 

やっと始まったかという感じ

 

こんにちはゆにです。なんだか今日眠くて眠くてしょうがないのですがこの時間(17時)に寝るといろいろアカンと思って自分をたたき起こすためにカフェに来ました。本屋さんのWater Stonesのカフェ、Cafe Wに来ました。カフェの存在は知ってたしチラ見はしたことあるのですがなんだかんだで始めて来ました。この前ロンドンに行ったときも行ってよかったので!

 

こっちがロンドンので、

https://www.instagram.com/p/BZHeFtJlIMA/

Instagram

 

 

これがサウサンプトンの。

https://www.instagram.com/p/BaEqmVAldOv/

Instagram

 

ロンドンのとは違ってローカル感があってこっちも好きです。何より店員さんが超キュートで好みです(大事)。徒歩圏内だし、スタンプカードも作っちゃったので無料コーヒーゲットできるまで通います!いつもはいかない方の建物をうろうろしてたら違う良さそうなカフェも見つけたのでそこも今度チェックしてみます。

 

それはおいておいて。ついにAcademic module始まりました。moduleって言い方すごくイギリスですね。要するに現地の大学生と一緒に受ける授業がはじまったということです。今がその2週目なので、各授業についてすこし話したいと思います。

 

 

ここでExcelがとても苦手な私が頑張って作った時間割表を見てください。

Mon Tue Wed Thu Fri
9:00~10:00             9:00~11:00
Linguistic             Linguistic
    10:00~11:00     10:00~11:00    
    English     English    
                   
    11:00~13:00            
    English            
                   
    13:00~14:00            
    English            
                   
    14:00~16:00            
    Music            

 

大学公式のアプリの時間割表はまだ正しく反映されてなかったので作ってみました。しょぼって思ったあなた、嫌いです。嘘です。

 

 

ぱっと見でわかるように、火曜日がむちゃくちゃです!!そして水曜日は全休です。サウサンプトン大学だけなのかイギリス全体でそうなのかわかりませんが、水曜日は全休の人が多いですね。そういう日みたいです。

 

 

そして、「あれ?中国語は?」と思ったあなた、鋭いですね。そうです、ないのです。なくなりました。訳を書かせていただくと、Twitterで散々言ってたように中国語の担当の先生に私がHSK5級を持っていると伝えたので、最上級クラスにいれられたのです。私もまたしっかり中国語が勉強できる!と思って喜んでいたのもつかの間、Student Officeからメールが。

 

 

「この中国語のクラスは1年間受けてやっと単位が与えられる授業なので、1 semesterしか在学しないあなたは受けることができません

 

 

 

えっ。と思ってとりあえずチューターのところに行ったんですね。そしたらなんか若干大ごとになって、そのチューターが担当の中国語の先生2人まで呼んで4人で話し合う感じになりまして。ちなみにそこで中国語の先生とは初対面だったのですが、HSK5級を持ってるのはやっぱりイギリスでは結構すごい部類に入るのか、わかんないんですけど、

 

あなたがゆにさんですか!!あの!!HSK5級の!!」みたいな挨拶をされました。

 

 

話し合った結果、1semesterだけで取れる中国語のクラスはあなたにはtoo easyだから申し訳ないけどほかの授業を取るのがいいと思う、とチューターに言われて、私は遠まわしに「いやでも私HSK5級って言ってももう有効期限ぎりぎりだし忘れてるしそのクラスでもいいんですけどねハハハ」みたいなことを言ったらその熱い中国語の先生に

 

 

中国語の教授として言うけど、君くらい中国語ができる人がそのクラスを取るのは時間の無駄だよ。自分のためになる授業をとってほしい

 

 

とまで言われたら、もう、中国語諦めますとしか言えず、(いや今思えば正論)諦めて月金のLinguistic言語学)をとりました。

 

まだ1回しか受けてないのですが、この授業は日本の大学で勉強してたこととかなり近い感じ!リンガフランカとしての英語とか、インナーサークルとかどうのこうのとか。違う所といえば、英語の中でもBritish Englishにフォーカスしてることかな!日本の大学ではいろんな英語を広く浅くという感じだったので。おもしろい。言語学はもともと好きなので割と楽しかったです。クラスにはイギリス人もいるし、ヨーロッパ圏からの留学生もいました。あとは毎週readingのアーティクルが出されるので結構やりがいがありそうな感じ。

 

そして鬼の火曜日!

最初の二コマのEnglishは同じ授業で、レクチャーかセミナーの違いです。EnglishといってもPre-sessionalみたいにReadingとかWritingとかをやるのではなく、この授業はメディアについて学びます。今日は指定された日付のイギリスの新聞を各々が買って持ってきて、同じニュースがどのように書かれているかを比較して一番効果的に報道できているのはどの新聞社かをディスカッションしたり!楽しそうでしょ!今のところ1番好きな授業です。

 

ちなみに私以外全員フランスとスペインからの女の子。美女ばかりです。本当に幸せ。

 

 

 

3コマ目のEnglishと木曜日のEnglishが同じ授業です。British cultureという授業。これはFirst yearの留学生全員が受けなきゃいけない授業なのかな?大講堂で行います。木曜日はセミナーなので人数が4分の1くらいになります。早速グループワークの課題が出たので明日してきます。現地の人にインタビューっていう留学生あるある~~~~~~~ってやつです。つまんなくはないけど面白くもないという感じ。

 

そして問題っていうか1番がんばらなきゃいけないのが次のMusic!厳密にはEthnomusicology、民族音楽学っていう、誰に言っても「なにそれ?なんでそれとったの?」と言われる授業です。だって面白そうだったんだもの。評価もEssayのみだし。

 

どっちかといえば哲学的な要素もあるかもしれない。1番最初の授業では先生がゴンゴン!と机をたたいて、「これは音楽か否か?」みたいな。うけるっしょ。

でも面白い。今日はイギリスの音楽についてで、ビートルズの音楽の特徴とかを分析して、「British music」を定義しようみたいな授業でした。毎週違う地域の音楽をテーマに授業するんです。来週はアフリカ。

 

 

ただね、私以外全員イギリス人なんだわ!

 

 

別にレクチャーみたいなのだったら問題ないんですよ。ところがディスカッションがあるんですよね!!Introductionだから予備知識はいらないんですが、今日初めてディスカッションがあってもうなんかみんな喋るの早いし(当たり前)でついていけなくて心折れそうになりました。

 

 

でも日本では絶対ないな~と思うのは、ディスカッションの時間になると先生が、

「じゃあ今からディスカッションにします。25分後にこの教室に戻ってきてください」て感じなんですね。私今日このパターン初めてで!?と思ったのですが、みんな普通にパソコンだけ持ってカフェ行ってコーヒー買って、大学内の芝生に胡坐かいてディスカッションするんですよ。感動した。かっこいい!!(?)

 

これでディスカッションに積極的に参加できてたら完璧なんですけどね。

 

 

ディスカッション終わって凹んで「これが毎週か・・・履修中止しよかな・・・」とかまで考えてたんですけど、他のmoduleが結構イージーそうなので、がんばってみることにします!!!週1だし!!がんばれる!!!

 

イギリス人オンリーの授業がひとつあった方が絶対耳も慣れるし。押忍

 

 

https://www.instagram.com/p/BZq910AFmR8/

 

 

そんなこんなで私の授業が始まったのです。Societyという日本でいうサークル?にも1つ参加して、まあまあ面白いことになってます。もう一つ何か参加しようと思ってるので、それにも参加したらまたSocietyの記事を別で書きたいと思います。

 

 

イギリス生活も残り4か月きっちゃったぞー!気合いいれなおすしかねえな!

 

 

また近いうちに更新します~

 

 

 

Twitter @uni_onlu

Instagram @u.ni.29

 

 

 

スウェーデン旅行 2

 

こんにちはゆにです。1日1記事書くとか言って昨日気づいたら寝ていましたすみません。なので今日は2日目と3日目どっちも書きます!

 

https://www.instagram.com/p/BZN3bj-l-fS/

 

2日目、早起きする!と決意しブログにも書いたのにも関わらず、起きたら10時でした。目覚ましかけずに午前中だっただけでも褒めてください。

 

のろのろ朝ごはんを食べて準備して11時くらいにホテルを出て、まずは行きたかったカフェに!

Snickarbacken7というカフェです。カフェと雑貨屋さんが一緒になっているところです。

https://www.instagram.com/p/BZRNWXaF2Hm/

最初お店を見つけた時は激混みしていたのでそばを15分くらい散歩していたらすぐに空きました。

この階段の上から見た景色がよかった
f:id:i_29_m:20170922023102j:image

 

朝ごはんをがっつり食べたのでお腹空いてなくて、ケーキとコーヒーを頼みました。店内は薄暗くて、不思議な雰囲気。

https://www.instagram.com/p/BZQrlsNF2VI/

https://www.instagram.com/p/BZQsc-YFnPi/

美味しかったです!
f:id:i_29_m:20170922023426j:image
f:id:i_29_m:20170922023506j:image
f:id:i_29_m:20170922023542j:image

雑貨屋さんは、可愛かったけど特に買うものはないかな〜という感じで後にしました

 

そしてお次は、Acne Archiveに向かいました。知っているかもしれませんが、有名なファッションブランド、Acne studiosはスウェーデン生まれなんです。ストックホルムにはそのAcneのアウトレット?みたいなのがあると聞いて絶対に行こう!と思っていました。

 

駅からすぐの所にありました。
f:id:i_29_m:20170922023858j:image

 

お値段は、全て半額以下になっていました!思っていたより安かったので、2枚くらい買えるかな(このためにお金貯めてたので)と思ったんですが、アウトレットであまり欲しい!と思えるものがなく、無理矢理買うのもな〜と思い、結局シンプルなボーダーのトレーナー?1枚だけ買いました。一万円しないくらい!

https://www.instagram.com/p/BZRNZBHlKM1/

フランスに行ってから、パリの女の子に影響されすぎてしまいボーダーが気になるこの頃です。

 

店員さんすごく可愛くて丁寧で話しやすかったです!アウトレットだからと言ってごちゃっとした感じもなくて良かったです。ぜひ!

 

 

そしてその後は!この旅のメインと言ってもいい、ガムラ・スタンに行ってきました。ストックホルムの有名な観光地なので、聞いたことある方もいるんではないでしょうか。昨日の記事に書いたとおり、魔女の宅急便の舞台のひとつとされているのはまさにこのガムラ・スタンだと言われています

 

私の魔女の宅急便への愛はすごいんです(突然)小さいときはキキになるのが夢でした。

 

ガムラ・スタンはスウェーデン語で古い街という意味らしくて、中心部から離れているイメージがあったのですが、なんと中央駅から一駅!すげえ!

 

駅で降りるともう既に建物がカラフル。ガムラ・スタン自体は徒歩一時間くらいで回れる小さな街らしいのですが私は楽しくて楽しくて2時間以上歩き回っていました。小声でルージュの伝言歌いながら。もしガムラ・スタンで歌ってる日本人見た!というあなた、それ私です

 

あっのーひーとのっママに会うために〜〜
f:id:i_29_m:20170922024713j:image
f:id:i_29_m:20170922024754j:image
f:id:i_29_m:20170922024816j:image
f:id:i_29_m:20170922025114j:image
f:id:i_29_m:20170922025155j:image

 

ここ!キキがほうきに乗って通ったところだ!(多分違う)とか、ここトンボが魔女さ〜んって言ったところだ!(多分違う)とか、キキがひっかかった所だ!(多分違う)とか思いながら歩いてたのでめちゃめちゃ楽しかったです。

 

帰ったらまた魔女の宅急便見ようと思います。

 

ガムラ・スタンには街並みだけじゃなくて博物館とか教会とかもあるのですが、安定の外観だけ撮ってスルーしました。


f:id:i_29_m:20170922025525j:image
f:id:i_29_m:20170922025628j:image

これ国立博物館なんですが、まさかの工事中でした。

 

あと横幅90センチ程しかないと言われているめちゃめちゃ細い路地が見たくて結構歩いて、やっと見つけた(多分これ)のですが、
f:id:i_29_m:20170923050107j:image

閉所恐怖症を発動して歩けませんでした。実にダサい。なんならこの写真見ただけで体がひゅっとする

 

ガムラ・スタンをかなり歩いたので休憩するためにまたカフェに移動しました!DROP COFFEEというカフェです。駅から10秒の所にあります

 

コーヒー飲み過ぎでは?と思いましたか?まだまだ飲みます。

https://www.instagram.com/p/BZRNbTtlV8f/

https://www.instagram.com/p/BZRNdapFS3e/ 

この辺は可愛いカフェいっぱいありました。

 

そして疲れていたのと荷物を置きたかったので一旦ホテルに戻って休憩して、夜のストックホルムを体験したかったので暗くなった7時半くらいにまた外に出ました。

 

ストックホルム市立図書館が21時まで開いていたのでそこを目指していきました。

1928年築、スウェーデンを代表する建築家グンナール・アスプルンド設計による市立図書館であり、北欧古典主義様式の最高傑作といわれる。エントランスを入り、細長い階段を上っていくと円形のホールがありそこが開架式の図書館になっている。55万冊もの蔵書が、曲面壁に沿って本棚に並び、本そのものが装飾となっている。スカンジナビアの雄大な自然に溶け込むランドスケープを含むアスプルンドのデザインは、20世紀のスウェーデンの建築家たちに多大な影響を与えた。

 

らしいです!確かにすごかった。市立図書館なので入場無料で、勉強してる若い人もいっぱいいました。こんな所で勉強してみた〜〜


f:id:i_29_m:20170922030614j:image
f:id:i_29_m:20170922031804j:image
f:id:i_29_m:20170922031905j:image
雨が降ってきちゃって、夜のストックホルムをウロウロはあんまりできなかったのが残念…でも駅からホテルまであるいてる間の景色が綺麗だった!のにブレてる!ごめんなさい! 


f:id:i_29_m:20170922032020j:image

2日目終わり!3日目!

 

この日はなんとびっくり11時に起きました。旅行中とは思えない怠惰。12時までのチェックアウトを12時ピッタリに終わらせました。荷物をホテルに預かってもらって、まずはご飯!

 

ホテルの近くにHAGAというパン屋さん(隣は同じ名前の蜂蜜屋さん?でした)があって、毎日通るたびに気になっていたので行ってみました。


f:id:i_29_m:20170922032548j:image

体がもうコーヒーいらん言うてたのでリンゴジュース。高かった

可愛いお店でした!
f:id:i_29_m:20170922032811j:image

 

 

そしてお腹を満たしたあとはSOFOと呼ばれるエリアへ。

 

SOFOという名前は「Folkungagatan通りの南側」を表す“South of Folkungagatan”の略で、ニューヨークのSOHO(ソーホー)を真似て使い始めた愛称が一般に広がったのだそうです。
ニューヨークのSOHOのように、このエリアにはインテリアやファッション関係のショップやカフェが立ち並び、おしゃれな若者が集まる場所として注目を浴びています。

 

らしい。SOHOってロンドンにもあってそこも若者の街!!って感じなんですよね。これもNYを真似したのかなあ。

 

ホテルがまさにこの辺だったので徒歩で色々回れました。雑貨屋さんとかカフェとかさ可愛いお店いっぱいありました!

 
f:id:i_29_m:20170922032930j:image
f:id:i_29_m:20170922033044j:image
f:id:i_29_m:20170922033152j:image

私が1番行きたかったところ!Pearl Confectioneryというキャラメル専門店!


f:id:i_29_m:20170922033344j:image
f:id:i_29_m:20170922033413j:image

めちゃめちゃ可愛かった〜〜。コンセプトは1920年代!店員さんもレトロな服装と髪型をしていてめちゃめちゃかんわいかったです!

 

セットになっているキャラメルたちもあったんですが、せっかくなので自分で選んで袋に詰めて買いました!ただ味の表記がスウェーデン語で全くわからず、すべて勘。我慢できずに何個か食べてしまったけど今のところ全部美味しい!1つ9クローネなんだと思います!


f:id:i_29_m:20170923050214j:image
f:id:i_29_m:20170923050237j:image

おすすめです!是非!

 

最終日はこのSOFOエリアで終わりにしようかなと思ってたんですが、結構時間がありそうだったので現代美術館に行くことにしました!

 

時間があったらどこか美術館行こうと思っていて、ヨーロッパ最古という国立博物館か、現代美術館で迷っていたのですが、2日目の写真の通り国立博物館は工事中で、有名な作品は国外に出てしまっているとのことだったので現代美術館にしました。モダンアート好きなので!!

 

バスで美術館の最寄りまで1本でした。バスで行くと10分ちょい歩かなければならなかったのですが、時間がある人は美術館付近お散歩することをお薦めします!天気がよかったので最高の景色が見れました
f:id:i_29_m:20170923051541j:image

今更スウェーデンの地形の話をすると、スウェーデンは複数の小さな島が橋で繋がっているのです。↑これは橋を渡るときの景色。キキが飛んでいてもびっくりしませんね。(?)

 

そして現代美術館に到着!
f:id:i_29_m:20170923051245j:image
f:id:i_29_m:20170923051406j:image
f:id:i_29_m:20170923051103j:image


入場料100クローネかかると聞いていたのですが実際行ったら無料でした…受付の人が「今は無料です」って言ってたのですが、なんだ?時期によるのかな?とりあえずラッキー!

 

写真も撮れたのでいくつか


f:id:i_29_m:20170923051821j:image
f:id:i_29_m:20170923051852j:image
f:id:i_29_m:20170923051925j:image
f:id:i_29_m:20170923052201j:image


どの美術館でも、現代美術は女性にフォーカスした作品が多い傾向にありますね。現代社会の問題について訴えてる作品が多いです

 

エキシビジョンとして、ヨーロッパ建築も展示していました
f:id:i_29_m:20170923052510j:image

 

そして散々歩き回って疲れたので館内にあったカフェに。入り口すぐのところにもカフェスペースがあったのですが、奥にはもっと良いところがありました。

 

このカフェも良かったー!Wi-Fiもコンセントもあって味も美味しかった。
f:id:i_29_m:20170923052806j:image

 

そして予想外の入場料無料だったので現金を使い切れず、トートバックを買って帰りました(笑)

 

そしてホテルに戻って荷物を預かり、空港に向かいました!スウェーデンのアーランド空港、中に入るまでめちゃめちゃ並ぶので早めに行ったほうがいいです!私結構ギリギリセーフでした、、、

 

 

そしてもうサウサンプトンに着いています。スウェーデン旅終わりです!読んでいただきありがとうございました。

 

10月は長期休みないので、イギリス国内ふらっといけたらいいなあとか思っています。それよりアカデミックが始まるのでまた気合いれないと!

 

また更新します

 

 

Twitter @uni_onlu

Instagram @u.ni.29

スウェーデン旅行 1



こんにちはゆにです!もうかなり寒いですね!イギリスはニットにトレンチコートでも寒いです!

 

https://www.instagram.com/p/BY5R7OQl3Nq/

 

さて今回も旅行記事です。一人でスウェーデンの首都ストックホルムに行ってきました。人生初のがっつり一人旅!

 

 

なぜスウェーデンにしたかというと、大好きなジブリ映画魔女の宅急便の舞台のひとつだと言われているストックホルムに行きたかったからです。これ男友達に言ったら鼻で笑われました。いいじゃん!!

 

 

後は調べてるとお買い物もできるし可愛いお店も多そうだし、何より街が小さいから一人旅にはちょうどいいかなと思って!治安も良いとのことなので!

 

 

スケジュールをざっくり立てたんですが、結構余裕のあるゆっくりした旅になりそうなので、時間のあるときにその日中にその日のブログをかけたらいいなと思っています。だから三回に分けて書くことになると思いますがご了承ください。が、いつもの旅記事よりは詳しく書ける自信あります!笑

 

 

2泊3日の旅をフル活用するために、朝の往路、夜の復路をとりました。

九時の便だったので、余裕を持って七時にロンドンのガトウィック空港に到着。

 

朝ごはんをCOSTAで済ませて、
f:id:i_29_m:20170919155244j:image

 

COSTAのコーヒーは安いのに大きくて最高だな〜!!とか呑気なことを考えていたのですが、ここでターミナルを間違えていたことが発覚。(致命的)

 

いつも北だから北だと思いこんでいました。

 

調べたら南ターミナルまで徒歩20分くらいだったのでそんなに焦ってはいなかったのですが、無料のシャトルを発見し、とりあえず乗り込んでみました

 



f:id:i_29_m:20170919155732j:image

マジで30秒くらいで着きました。歩かなくてよかった。快適って感じる間もないくらい速かったけど快適だった気がする。

 

 

そしてチェックイン!今回私が利用したのはNorwegian航空という北欧メインの航空会社。調べてみたらLCCの王者(?)とか書かれてあってめちゃめちゃ評価よかったので期待して乗りました。

 

チェックインのシステムが未だによくわからないのですが、一応搭乗の24時間前からオンラインでのチェックインは可能みたいだったのでして行ったのですが、座席が出てなかったのでこの機械でもう一度空港でチェックインしてみました。
f:id:i_29_m:20170919163836j:image
(遠)

 

予約番号とパスポートをスキャンしたら紙のチケットが出てきました。結局オンラインチェックインは必要ないのか、逆にオンラインチェックインだけで搭乗できるのか微妙。どっちもやっといたら無敵。

 

ちなみにガトウィック空港てマイナーな感じに聞こえるけどヒースロー空港の次に大きくて、普通に利用しやすいです。

f:id:i_29_m:20170919164825j:image

日本みたいにチケットにゲート番号は書いてなくて、大きいスクリーンに順番に表示されます。

 

免税は既に見終わってたのでゲート番号が出た瞬間に向かったのですが、なぜか、無人

え、、、?と困惑してたら後から数人わらわらと来て、私と同じく困惑してました。だって便すら表示されてないんだもの

 

するとその1分後くらいに「ストックホルム行きのゲートは3に変更されました」のアナウンス。みんなでピタッと停止してアナウンス聞いて顔を見合わせて苦笑いで移動するあの雰囲気、嫌いじゃなかった

 

 

ていうかね!ヨーロッパのLCC?ヨーロッパだけじゃないのかな?ゲート変更めちゃめちゃ多い!!今迄で変更なかったことの方が少ないってくらい。だからアナウンス聞くのめっちゃ重要。

 

そして搭乗!LCCあるあるの飛行機までめちゃめちゃ歩かされることもありませんでした。しかも、機内ガラガラすぎて1人三席占領できる事態

f:id:i_29_m:20170920023555j:image

 

そして1番感動したのが!なんと機内でWi-Fiが繋がる!

 

調べてた通りだけどやっぱり感動した。日本でもまだ無料でWi-Fi繋がる飛行機少ないじゃん!最高!今も機内からブログ書いてます!

 

そしてあっという間にストックホルム到着〜入国はゆるかったです

予報では雨だったから心配だったけどむっちゃ晴れております

 

寒いイメージだったけど全然そんなことなかったです むしろ暖かい

 

空港のATMでスウェーデンクローネとかいうナニソレみたいなお金を10000円弱くらい降ろして、

 

空港にあったvisitor centreみたいなところでストックホルム全体のマップをゲットし、

 

お腹空いてなかったけどお昼ごはんを食べました。これから行くストックホルム中央駅で買おうかなと思ってたんですが、中央駅で観光客を狙ったひったくりとかがたまにあるらしくて、荷物持った状態で中央駅は長居したくないなあと思って空港で。(でも

実際行ってみたら中央駅も全然安全そうでした)クリームチーズベーグル。

f:id:i_29_m:20170920023637j:image

ビジュアル満点なのにまずかった。

 

旅行来て一発目のご飯ってなんとなく重要ですよね。ここで食に関する不安を少し覚えました

 

そして空港からストックホルム市内までのバスに乗って中央駅まで!Flygbussarna(なんて読むのか検討もつかん)というバスで、45分くらい。15分起きとかに出ていたのでとても便利だと思います。事前にネットでチケットを買っておいたので(事前に買っておくと安くなります)すんなり乗れました。Wi-Fiもあって快適でした!

 

ここでもしっかり寝て、起きたらストックホルム中央駅に着いていました〜

 今回私が泊まるホテルの目の前がバスの駅なのと、ストックホルムは地下鉄で移動するのが良いと聞いたので、72時間のバス&地下鉄乗り放題のパスを購入しました!
f:id:i_29_m:20170920024204j:image

おじさんがめちゃくちゃ丁寧に色々教えてくれました。260クローネという高いのか安いのかよくわかりませんが、これ買って大正解。とても楽です

 

そして1回バス反対方向乗っちゃうというミスをしましたが一駅で気づいたのでまあそんな大きなミスもなくホテルに到着。

 

一周回ってそんな疲れてなかったのでささっとメイク直しだけしてすぐにまた中央駅に繰り出しました!

 

行きたかったカフェに到着する時間がもう閉店間際になりそうだったので、急遽通りかかったカフェに入りました。KAFE RANGというお店!
f:id:i_29_m:20170920024701j:image

 

大きなカフェでした。BarとかBistroとか書いてあるので、時間帯によって形態が違うのかもしれませんね〜

 

ケーキが可愛くて美味しそうで頼んだのに、めちゃめちゃ雑にお皿に置かれて悲しかったです



f:id:i_29_m:20170921001959j:image

 

でも、味はめっちゃ美味しかったです!チャイの味がしました!私の大好きなチャイ!

 店内も素敵でした

f:id:i_29_m:20170921002034j:image

f:id:i_29_m:20170920025146j:image

女の子は絶対好きなお店です。普通にご飯食べに来るのもありかも

 

そしてこのお店のすぐ近くに気になっていたセレクトショップがありました!GRANDPAというお店。


f:id:i_29_m:20170920025449j:image

可愛いでしょうそうでしょう。今日はちらっと見るだけにしましたが、最終日のお財布と相談して、許可(誰の)が出たらここでなんか買いたいな〜!すごくタイプなお店でした!
このへんの道、可愛かった
f:id:i_29_m:20170920030031j:image

 

そしてそのまま、中央駅付近をお散歩しながら市庁舎の方へ!ノーベル賞の建物です!(雑)

 

市庁舎だけじゃなくて、このへんには素敵な建物がいっぱいありました!上海といいヴェネツィアといいストックホルムといい、水の都って呼ばれてる都市フェチなところある、私

 


f:id:i_29_m:20170920025942j:image
f:id:i_29_m:20170920030355j:image
f:id:i_29_m:20170920030428j:image

 

これだからヨーロッパって最高だよね〜〜恋〜〜

 

そしてやっぱり市庁舎は迫力がすごかったです!


f:id:i_29_m:20170920030535j:image

なんかボス感があった。威厳というか。中にも入れるみたいです!私はこういうの外から見るので満足しちゃうタイプなのでひたすら外観を眺めておりました。

 

この辺でちょっと疲れてきたので今日は早めにホテルに戻ってきました。まだ8時過ぎだけど既にめちゃくちゃ眠いです。ほとんど寝てないので当たり前なのだけど。足がぱんぱん

 

ストックホルムも夜はお店があまり開いてないことがわかったので、明日はちゃんと起きてバリバリ動きたいです!そのために今日は早めに寝て備えます。

 

長いのに読んでくれてありがとうございました!明日の記事もよかったら読んでください!

 

それでは

 

 

Twitter @uni_onlu

Instagram @u.ni.29

 

パリ旅行

 

こんにちはゆにです。もう秋ですね!イギリスのお洋服屋さんに行くともう秋を通り越して冬のお洋服ばっかりでびっくりです。そもそも夏いつだったんだという感じです

 

https://www.instagram.com/p/BYafAD5l2Pn/

 

 

今日は家族で行ったパリ旅行について書きたいと思います~

8月26~30までイギリス、30~2日までフランスに家族でいました!

 

全部書きたいのですがロンドンのことはいつでも描ける(といいつつ書いてないね)ので、フランスのことをー!

 

フランスに行った友達が「フランス最悪だった、二度と行かない」と言っていたのであんまり期待しない方がいいのかしらと思ってたのですが、総じて最高でした!

お父さんがよくフランスで仕事してるので、フランス旅行はお父さんに丸投げしました。

 

 

 

日を追って書いていきますね~

30日に、サウサンプトンからパリに飛行機で到着!イギリスとフランスの間には時差が1時間あります。

そしていきなり問題が。お父さんがサービスアパートメントをとってくれていたのですが、そこまでの車を頼んでいたのにも関わらず、いない。

 

 

まあ遅れてくることは想定内だったので最初は気にせず待っていたのですが、30分ほど待ってもいないので、アパートメントに電話してみました。すると、「もう着いているはずなんですが…」というだけで何も解決策を提示してくれなくて。

 

 

1時間待ったところでお父さんの限界がきて、結局タクシーで向かうことに。

 

 

タクシーでマレ地区というところにあるアパートメントに到着すると、オーナーさん(電話の人とは違う人でした)がいたので、お父さんが(ちょっとキレ気味)に車のことを聞いてみると、どうやら運転手さんはごりごりに遅刻してたけどそれを言い訳していたらしい。真摯に謝ってくれて、タクシー代も払ってくれた上になんとかの有名なピエールエルメのマカロン2箱までいただきました…ここまでしてくれると申し訳ないね…とか言いながら食べました。美味しかった。

 

 

初日は夕方に着いたので夜ご飯を食べるだけでした。海鮮を食べました~!フランスは貝とか有名ですよね。メニューがフランス語で読めない上に制度も難しかったので1番大きい海鮮盛り?みたいなの頼みました。いや、ボリューム!いかつい!!

 
f:id:i_29_m:20170912054217j:image

 

・・・と思ったのですが4人で食べたら丁度いいくらいでした。生牡蠣が美味しかった~!!

 

 

泊まったマレ地区、とても素敵でした


f:id:i_29_m:20170912054322j:image
f:id:i_29_m:20170912054351j:image
f:id:i_29_m:20170912054359j:image

アパートメントの隣が素敵なジェラート屋さんだったので毎日のようにジェラート食べてしまった反省

 

https://www.instagram.com/p/BYbmVm3l88n/

Chocolate n pistachio is the BEST combination ever 💗💗

 

 

 

次の日はTHE 観光地みたいなところを回りました。Uberを乗り回してまずはエッフェル塔に!写真では何回も見てるけど、いざ見ると感動しますね。大きかった!東京タワーよりちょっとだけ小さいくらいらしい

 

 
f:id:i_29_m:20170912054449j:image

綺麗!!

 

お父さん曰く「エッフェル塔は登らんでいい」とのことだったので、人も沢山並んでたしエッフェル塔には登らず、そのまま地下鉄で凱旋門の最寄り駅まで移動しました。フランスの地下鉄、イタリアとスペインよりはややマシだったけどやっぱりちょっと怖かったかな;男の子に「中国人どこいくの~~ニイハオニイハオ」とずっと追いかけられてお父さんがキレました

 

 

そして凱旋門

凱旋門に登ればパリの街並みがエッフェル塔と一緒に見えるというので登ることにしました。チケットを買おうと並んでいると、誰かに名前を呼ばれて。

振り返ったらなんと!!このブログでも書いた、アウトレットに一緒に行った中国人のお姉ちゃんがいたのです!

 

 

2人して最初信じられなくて目を見張って数秒見つめあいました

 

 

そして撮ったセルフィーがぶれてるっていう、めっちゃ笑いました、驚きすぎ

 

 

彼氏さんと来てました!いいな~素敵な彼氏さんだなあ

 

 

そのお姉ちゃんに、「BRP持ってたら無料だよ!」とめちゃくちゃでかい情報を教えてもらって、私は無料で入れました!

BRPというのは、イギリスに6か月以上滞在する外国人が持っているVISAのことです。これ本当にすごくて、この後行く美術館も全部!無料になりました。私もお父さんも全然これ知らなかったです。凱旋門も美術館も結構高いので、有益情報おすそわけ。イギリス留学中のみなさん是非に

 

 

そしていざ登る!となったのですが、階段しかありません。有名な話ですが。マジで一生続く螺旋階段を上らされます。ババアは死んだ。

 

でも上まで登ったらその価値あった!ていうくらい綺麗でした!天気が良くてよかった。

 

パリ一望。
f:id:i_29_m:20170912054611j:image

エッフェル塔も見えます~!

 
f:id:i_29_m:20170912055056j:image

私は凱旋門しか登りませんでしたが、エッフェル塔登った感じも気になるので、登ったことある方はどんな感じだったか教えてください~!

 

 

 

そしてかの有名なシャンゼリゼ通り沿いのイタリアンでピザとパスタを食べました。弟が「ヨーロッパでピザを食べるのが俺の夢だ」とか言い出したので。それならイタリア行ってくれ頼む
f:id:i_29_m:20170912054925j:image

 

そしてそのままお買い物コース!女子(私とお母さん)が男子勢(弟とお父さん)を連れまわしました。弟は不機嫌でした。そんなんじゃモテないよと言ったらもっと不機嫌になりました可愛い

 

 

お母さんはパリでの買い物のためにお金を貯めていたらしくて豪快に鞄とか財布を買っていました。私はそんなお金もあるはずないのでちょこちょこ小さいものを買いました。Aesopのハンドクリーム日本にいた時から欲しくて、嬉しいことに本場で買えました。お兄さんと仲良くなれました、ボディクリームも買えばよかったと後悔

 

https://www.instagram.com/p/BYeTVFsFbFF/

Instagram

https://www.instagram.com/p/BYdvu-GFXZL/

Instagram

 

 

あとKITSUNEとかね セーター買ってもらいました~~フハハハ

https://www.instagram.com/p/BYeTwyKFqem/

Instagram

 

 

その日の夜ご飯はアパートの近くのバルでフランスの伝統料理を食べました。例にもれずご飯の写真撮るとお父さんに嫌な顔されるので前菜しか撮れなかった。なんなら一番いらない。
f:id:i_29_m:20170912055234j:image

かなりカジュアルなお店だったので三人分のメインしか頼まなかったのですが、かなり美味しかったです!一番衝撃的だったのがタルタルステーキ…みなさん知ってますかタルタルステーキ

「タルタルステーキ」の画像検索結果

(画像お借りしました)

 

なんか見た目はユッケみたいな?生肉のステーキです。生肉のステーキって矛盾感すごいですよね。

食べてみたら結構おいしかったです。ぜひトライしてみてください~

 

 

そして2日目もおしまい!長くなりますが残り2日も書かせてください

3日目は早起きしてルーブル美術館へ!開館してすぐ入ったので並ばずに入れました。シーズンにもよると思いますが午後とかになってくると結構並ぶらしいので朝おすすめ。やっぱり現地をある程度知っている人と回るのは強い。

 

 

大英博物館同様写真OKだったので有名どころ載せますね!

 
f:id:i_29_m:20170912055308j:image

ボス感がすごかったモナ・リザ

 

https://www.instagram.com/p/BYfcNzhlKnz/

NIKEのロゴの元となったというニケ

 
f:id:i_29_m:20170912055335j:image
f:id:i_29_m:20170912055530j:image

私の美術に関する知識がなさすぎてこのくらいでした。ごめんなさい

とにかく豪華だった

 
f:id:i_29_m:20170912055609j:image

 

そしてそのまま徒歩でオルセー美術館へ!徒歩圏内にあるのがすごい。オルセーで飾られている作品はルーブルより近代より?らしく、こっちの方が知っている作品がいっぱいありました。私みたいにとりあえず!有名なのが見たい!みたいな人はさくっとどっちも行っちゃうのもありだと思います。何枚か載せますね!

https://www.instagram.com/p/BYfxTf8Fs1f/

Instagram

https://www.instagram.com/p/BYi9TIRBbYF/

Instagram

 
f:id:i_29_m:20170912055818j:image
f:id:i_29_m:20170912055839j:image

落ち穂ひろいがどっか他の美術館に行っちゃってたみたいで残念でしたが、それでも素敵な作品がいっぱいありました

 

 

そしてその日のお昼はお父さんおすすめのお店で食べました!この店!本当によかった!雰囲気も料理も何もかも!


f:id:i_29_m:20170912060011j:image

日替わりランチみたいなのがあって、私はそれにしました。白身魚

パンもふわっふわでめちゃくちゃ美味しかったです。何もかも美味しかった。お昼はカジュアルですが夜は要予約のお店になります。すごく安いという訳ではないですが本当におすすめ。気に入りすぎてカードもらって帰りました。

 

jajaというお店です!☟

Jaja | Cuisine & vins sympathiques

お店の雰囲気もすごくよかった。HPに写真あるから見てみてください。しかもここのお店、使っている食材が国産&オーガニックらしいです。女子はオーガニックって言葉に弱いですよね。よくわかります。

 

 

そして食べ終わったあとは弟の財布を買いに行きました。弟はお父さんに貰ったイルビゾンテの皮の財布を4年間くらいずーっとちゃんとお手入れして使っているくらいにはイルビゾンテが好きで、さすがにもうボロボロ(お父さんが使ってた期間合わせると7年以上使ってるからね)なので、新しいのを買いに行きました。絶対にイルビゾンテがいいらしいです。弟のそういう所好きです

 

 

そしてそのままイルビゾンテがあったらへんをぶらぶら。もう皆お目当てのお買い物追えてたので本当にぶらぶら。

そこでAmerican Vintageというお店があって可愛くてニットのカーディガンを買ってしまいました。めちゃめちゃお気に入り!あったかい!イギリスもう寒いのでこれで乗り切れます。それは盛った

 

 

あとはA.P.C行ったり。あ、Merciというお店がすごく可愛くて楽しかったです!地理感覚がなさすぎるので場所はわからないですが店内の写真載せておきます。

 
f:id:i_29_m:20170912060522j:image
f:id:i_29_m:20170912060550j:image
f:id:i_29_m:20170912060614j:image
f:id:i_29_m:20170912060641j:image

ここは本屋・カフェ・雑貨屋が全部ひとつになってるっていう素敵なセレクトショップでした。雑貨だけじゃなくてお洋服も売ってたり、お金があったら買いたいものいっぱいあった~;;ここもおすすめです!

 

 

この日の夜はお父さんのパリに駐在している同僚の人がコース料理食べさせてくれました~!カジュアルなお店ではなかったので写真ない!ごめんなさい!メインはラムを食べました。あとデザートはクリームブリュレ!!美味しかったです~~

 

 

さくっと最終日。

この日もお父さんの同僚の人が車を出してくれてパリ市外に連れて行ってくれました!どこ行きたきい?と聞かれて、ヴェルサイユ宮殿とかいろいろ選択肢はあったのですが、その人のおすすめのモネの家に行くことにしました!

 

 

画家のモネが実際に住んでいた家がまだ残っているそうです。ここあんまり日本人には有名じゃないところかもしれませんが、すごくよかったです!とにかくお花が沢山で綺麗でした。

 

 

そしてここがあの有名な作品、睡蓮の睡蓮!(?)

これを見て描いたらしいです。前日に絵画を見ていたので感動しました…時期によっては睡蓮の花が咲いてみないみたいですが、私たちが行った日は咲いていました!よかった!

 
f:id:i_29_m:20170912060751j:image

 

家の中も見学できておもしろかったです。モネの日本好きは有名ですが、いっぱい日本の版画が置いてあって興味深かったです。

 

 

 

そしてこの施設にはモネの家のほかにレストランも併設されていて、そこでお昼を食べました!ここでやっと鴨のコンフィを食べれました~~幸せすぎる~~

 
f:id:i_29_m:20170912060824j:image

天気が良かったので外で食べました。赤いパラソルの下で食べてたので料理がやけに赤いのはそのせいです

 

 

 

そしてそのままパリ市内の北駅まで送ってもらって、私は電車でイギリスまで帰りました。

 

f:id:i_29_m:20170912060928j:image

 

もう楽しすぎて濃厚すぎて最高でした。

 

 

でもやっぱり家族と別れたあと、寂しくて。ずっと前から家族と会える1週間を楽しみに頑張ってきたので、ロスがすごかったです。別れ際はあれ、そんな寂しくないなあと思ってたのですが中に入ってから自分でもびっくりするくらい寂しくなってぼろぼろ泣いてしまいました。夜にサウサンプトン着いたんですが、その夜もずっと寂しかったなあ。今はもう大丈夫です。

 

 

やっぱり留学中楽しいことばっかりじゃなくて、そういう時1番に会いたいなって思うのは家族なので。日本にいるときに実家帰るのとはちょっと寂しさが違いました。

 

 

でも本当に来てくれた家族には感謝してるし、留学させて”もらっている”っていう意識が強まりました。娘を留学させたかいがあった!と思ってもらえるように、残り約5か月、できることはなんでもやっていきたいです!まだまだです!

 

 

長ったらしくありがとうございました。次の記事はたぶん人生初の一人旅、スウェーデン旅行かな!すごく楽しみです!

 

では

 

 

 

 

Twitter @uni_onlu

Instagram @u.ni.29

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初心に戻るということ

お久しぶりです、ゆにです。

 

 

8月半ばに入り、夏真っただ中ですね!イギリスは未だに20度いかない日が続いて、雨の日も減ったのでとても過ごしやすいです。

https://www.instagram.com/p/BXgio7SFWDu/

 

 

2か月のプレセッショナルコースも、いつの間にか後半戦が始まって、今週はテストとプレゼンが多くてちょっと忙しかったかな~あと4か月弱です!

 

そして留学生活も折り返し地点ですね。早い。早すぎる。あと半年もないって考えたらさすがに寂しいな。

 

特に変わらない日々を過ごしているのですが、久しぶりにブログ書きたいなと思ったので書いています。

日本の大学でも夏休みが始まって、私の周りの友達が一気に留学を始めました。SNSを見てると、旅行みたいに楽しめている人、自分の語学力の低さを実感して戸惑っている人と様々ですね。

 

 

ここで私が1回生で日本の大学で学んだことをシェアさせてください。

 

 

これはなんのグラフでしょう!まあ英語読めばわかるんだけど!画質がちょっと荒いかな。

CULTURAL ADJUSTMENT CURVE、つまり、外国での文化の違いを感じることにおける心境の変化です。

 

studyabroad.gwu.edu

 

↑これが元のサイトです。詳しく知りたい人は見てみてネ

 

外国と自国の文化の違いを長期間感じることによって、人はこの4つ(5つと記されている記事もあります)の段階を経験することになるといいます。

 

 

  1. ネムーン期
  2. 闘争期
  3. 順応期
  4. 総合期
  5. (帰国後のカルチャーショック)

 

これも記事とか論文によって呼び方が違うのですが!

 

1.ハネムーン期:いわゆる旅行気分。文化の違いを楽しいと感じる

2.闘争期:ただただ帰りたい。留学向いてないんじゃないかとすら思う。

3.順応期:国が違うんだから文化が違うのは当たり前。

4.総合期:慣れた!楽しい!帰りたくない!

 

 

私の記憶だとざっとこんな感じ(雑すぎ)。調べたらいくらでも出てくるので気になったら調べてみてください。

 

これがすべての人に当てはまるとは言えませんが、結構たくさんの人が当てはまるのでは、と思います。

 

そんな私も当てはまったうちのひとりです。

私の感覚的に、私は今3。順応期にいるのではないかと思います。

 

私の場合、イギリスに来て1~2か月は完全にハネムーン期間でした。目にうつるものすべてが刺激的で、ずっと憧れだったイギリスにいれることがうれしくて、楽しい楽しい!と言っていました。

 

そして魔の2か月~3か月目がやってくるのです。この時はつらかった。まず、思ったより友達ができない。できたと思ったらすぐクラスが離れる。英語の伸びを微塵も感じられない。「もう二か月以上経つのにこれかよ?何しに来たんだ、勉強しなきゃ、しなきゃ」っていう心境がずっと続きます。

 

そして4か月、5か月目と徐々に回復していきました。回復のキーポイントとしては、期待しすぎないこと。あとは自分の目標や理想が高すぎないか冷静に考えてみること。高く目標をもつことはいいことですが、時期によっては自分に負担をかけてしまうこともあります

 

私の場合、この4か月目くらいで、過去に書いたLanguage Exchangeっていう留学生を対象としたプログラムに参加し始めたことがきっかけで友達が増えて楽しくなりはじめた気がします。

 

これも行ってみたいけどなかなか一人だと勇気がでなくて行けなかったのですが、日本人のお友達が誘ってくれて行けました!

留学中に日本人とは喋りたくありません!という人を何人か見てきましたが、それで本当に日本人とノーコンタクトでエンジョイしている人を見たことがありません私は。勿論留学中ずっと日本人で固まるのはよくないです。

 

でもこれは私の持論ですが、

日本人の知り合いは自分の人脈や経験を積むためにどんどん利用するべきです。

 

 

利用、という言葉を使うとイメージ悪いかもしれませんが、人脈や経験を積むためには何かしらの「きっかけ」が大切です。そのきっかけとなる人や物事を期待して待ってはだめです。身近なところから行った方が手っ取り早いです。私の経験上ね。

 

 

そんな感じで回復していき、今は安定してきているかなと思います。

 

 

まあ要するに、もしスランプとかが来ても、それはそういうものなのであって、あなただけじゃないよってことを言いたいのです。その時はしんどいかもしれないけど、またきっと何かが変わるきっかけはいつか訪れるので、辛抱強く、今できることをやりましょう。でもその「きっかけ」を待っているだけじゃ時間の無駄なので身近なところから始めてみてもいいんじゃない、ということ!伝わるかな!ていうか偉そうすぎだね!すみません けらけら

 

 

という感じで。頑張ろうねみんな!

 

https://www.instagram.com/p/BXgi1TXFzf1/

 

少し私の話をば。

楽しくプレセッショナルコースを受けている訳なんですが、1番伸びたなと思うのはライティングとリスニング!ライティングは、1番得意と言っていたのですがまあ~~全然そんなことはなかった!基本ができていただけで満足していました。このコースで少しずつ丁寧にエッセイを書き進めていくことによって基礎の上の部分を初めて知って苦戦しましたが、この前結構苦労して出したエッセイの評価が1回目より大幅にスコアがあがっていたのでうれしかったです!

これにあと400字だけ+して最終課題として出すのですが、その時は本気でクラス1位狙います。今回はたぶん2位でした

 

 

そしてリーディング!リーディングはめちゃめちゃ苦手だった分成長が感じられやすくて今は楽しいとすら思います…テストもまあまあ解けてスコアも悪くなかった!なにより読むのが練習によって早くなったし、単語力がすこーーし上がったのもあって、前よりは苦ではなくなりました。近いうちに洋書を買おうと思います。読みやすいやつ、おすすめあれば教えてください!

 

スピーキングはまあ、単語量が増えたからややあがったかな。くらい。

 

 

そしてリスニングが伸びね~~~なんでやねん~~~リスニングに関してはクラスメイトに「なんでそんなに会話は上手なのにリスニングのスコア僕より低いの…?」と純粋な目で言われる始末。こっちが聞きたい。

多分、会話だとある程度返答が予想できるから聞き取れるんですよね。帰ってくる答えに使われる単語とかがだいたい想像できるので。

でもアカデミックのリスニングは本当にだめ。特に一人が永遠にしゃべる続けているやつ、本当にダメ。

 

 

リスニングは練習したらしただけ伸びると信じているのでひたすらTED、PodcastBBCYoutubeを聞きますね…

 

 

https://www.instagram.com/p/BXQ_NW7FyfV/

 

そして話は変わり、風邪をひきました。38度の熱と咳が出て、熱の方は割とすぐ下がったのですが咳がかれこれ1週間以上続いている、むしろ悪化している。これはいかんと思ってBootsで買った適当なカプセル(でかい)とシロップ(まずい)を飲み続けていたのに、ひどすぎて夜もほぼ寝れていない状況でなかなかしんどくて、大学のヘルスケアセンターを予約したのですが、月曜日にしかとれず。

 

まじかーこれあと4日続くのかーと萎えて、先生に相談したら、市販のLEMSIPという薬を飲んでみて、とのこと。Bootsにあったので買いました。

「LEMSIP」の画像検索結果

粉末状になっていて、暖かいお湯(沸騰させたらだめらしい、難しい)に溶かして飲むものです。好みによってはちみつとか砂糖を入れてもいいらしいです。

 

レムシップって名前から効かなさそうだし、なによりこれめちゃくちゃ美味しいんですよ。おいおい薬を美味しくいただいていいのかと。なめていたのですが、

 

なんと飲んだ日安眠。

 

おったまげた。

 

 

興奮してそのことを先生に伝えると、

「よかった!ただ、あの薬めちゃめちゃ強いから飲みすぎたらだめだよ。間違っても薬飲んだ日にアルコールは飲まないで。You may die

 

 

レムシップ・・・こわ・・・

 

 

 

との感じでおびえているのですが効果はすごいのでイギリスで風邪ひいたらぜひ試してみてください。熱、頭痛、体の痛み、鼻づまり、咳に効くらしい。万能すぎる。

 

ただ本当に気を付けてくださいね。お母さんにこの薬のこと伝えたら、ちょっと医療系を齧っているのですぐ成分を調べて、

「これえぐい。あんたが昔解熱剤飲んで副作用で倒れた原因の成分が日本の薬の2倍入ってる」

らしい。怖いこわい。だから夜だけ飲んでいます。

 

今日は喉に良さそうだしはちみつ入れて飲んでみます(楽しんでる)

薬が効いていない時間は普通に咳ひどいので病院には行きます!ご心配おかけしました

 

 

みなさんも風邪には気を付けて!では!

 

 

 

Twitter @uni_onlu

Instagram @u.ni.29